忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/17 19:41 】 |
世界ではたばこ広告が減っている
広告規制が消費抑制に直結、認識する欧米

欧米では、喫煙率低下にはたばこの広告と自動販売機設置に対する規制、課税による値上げが大きな効果を持つという認識が一般的です。
EC各国ではたばこのテレビ・コマーシャルの禁止を1991年から行っています。
加盟国中、イギリスではそれに先立つ65年、民営テレビでのたばこ広告が禁止されました(現在、ラジオ・コマーシャルも禁止)。
フランスでは93年よりすべてのたばこ広告が禁止されています。
ドイツでは、テレビ、ラジオ・コマーシャルを禁止するとともに、青少年に対して喫煙を誘うような広告も禁止されています。
ノルウェーでは、75年からすべてのたばこ広告が禁止され、喫煙防止教育が徹底し、西暦2000年には14~19歳の喫煙率が男性1けた、女性ゼロという数字が国家目標となっています。
米国でも、州によってその程度は異なりますが、やはりテレビ、ラジオでの広告、未成年者向け雑誌などへの広告が禁じられ、スポーツ・イベントの会場にも広告は出せません。
 
あくまで自主規制の日本

日本では、未成年者向け、女性向けの新聞・雑誌には広告は掲載されていません。
テレビ・コマーシャルは深夜の時間帯に限られています(22時54分まで規制)。
しかし、これらはあくまでも自主規制であり、一般の新聞・雑誌を開けばたばこ広告は非常に目立ち、テレビでも決して短くはないCMが流れ、街角には大きな看板が掲げられています。
たばこのパッケージに書かれている文言も、欧米に比べればはなはだ手ぬるい「注意表示」にとどまっているのが現状です。
 





ヨーロッパのセレブ女性に大人気の電子タバコ!

オススメは大幅に進化した電子タバコLENTA

絶品の日本製フレーバーは9種類!全種にフラボノイド配合で口臭予防!

LENTA-T200

LENTA-T200 ターボフィルター

ターボフィルター採用の次世代電子タバコLENTA(レンタ)は2タイプ
→小型軽量のLENTA-T200
→ハイパワーのLENTA-S101ターボ仕様

フラボノイド配合の電子タバコLENTA・電子タバコ通販・電子タバコ比較・電子タバコランキング・売れ筋電子タバコ電子タバコ比較・日本製フレーバーの電子タバコ
くつろぐ人気ブログランキングにほんブログ村 美容ブログブログセンター


PR
【2010/02/03 19:52 】 | タバコニュース | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<肺がんだけじゃない!たばこの健康被害 | ホーム | 広がる公共禁煙空間(アメリカ) >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>